国試によくでる問題245項目 国試によくでる問題245項目

30時間程度の動画視聴で効率的にインプット 30時間程度の動画視聴で効率的にインプット

実習と勉強の両立ができる私になる全科目攻略ラスパ
Web講座

お申込みはこちら

こんな人に向いています

  • 実習でいっぱいいっぱい。勉強なんてできない 実習でいっぱいいっぱい。勉強なんてできない
  • 点数が伸びないから、模試は受けたくない 点数が伸びないから、模試は受けたくない
  • とりあえずまとめノートは作っているけど、これでいいの...? とりあえずまとめノートは作っているけど、これでいいの
  • 量をこなすより、効率的に勉強したい 量をこなすより、効率的に勉強したい
背景
イラスト

まとめノートはいりません。

「人体の構造と機能」から「看護の統合と実践」まで、
国試によくでる問題を245項目にしぼりこみ、
30時間程度の動画視聴で効率的に看護師国家試験の合格に必要な知識をインプットできます。

Movie動画

Option付属品

  • 厳選の重要項目&正文集で構成された参考書『ラスパ』

    国試対策の決定版!厳選の重要項目&正文集で構成された参考書『ラスパ』がついてきます。国試によく出るポイントがまとまっていて、書き込みもできます。

  • 項目別理解度チェックテスト(Web小テスト)

    動画を見終わったあとは項目別理解度チェックテスト(Web小テスト)を解きましょう。目指せ全問正解!
    Web講座ページから問題が解けるようになっています。

Users Voice利用者の声

ラスパWeb講座の母性の講義を受講しました。
他の講義内容も含め、とても分かりやすいです。今までホルモンが全然分からなくて、グラフも覚えられなかったけど、Web講座を受講して初めて理解が出来ました。とても嬉しい!
諦めかけていましたが、諦めなくてよかった!ありがとうございます!!
母性苦手な方にも本当に受講してほしいと感じました。

Nさん

Nさん4年制大学

解説講義の動画も分かりやすく、頭にスッと入ります。
動画は何回も見直し出来るから、「分からない」を「分かる!」に確実に変えられます。
解答へのアプローチもあって、「何故この答えになるのか?」がよく分かります。
大切なところだけを詰め込まれたテキストは国試会場にお守りとして持っていきます。

Sさん

Sさん4年制大学

毎日少しずつWeb講座を見ています。模試などの問題を解いて「ここ、Web講座で見たところだ!」と何回なったことかというくらい、とても救われてます。そのくらい、要点を絞れて、根拠を丁寧かつ、覚えやすく教えてくれるので、助かってます。

Cさん

Cさん4年制大学

自分では触れられないところも動画を視聴して勉強することができるのが良いです。1日1講座のペースで視聴を進めるようにしています。

Pさん

Pさん3年制専門学校

Web講座を受講したら、初めて模試で学年1位取れました!

Pさん

Pさん3年制専門学校

Detail講義内容

  • 人体の構造と機能

    心臓、中枢神経系、呼吸器

    ほか23項目

  • 疾病の成り立ちと回復の促進

    黄疸、死の三徴候と脳死、抗がん薬

    ほか14項目

  • 健康支援と社会保障制度

    医療保険制度、人口動態統計、保健師助産師看護師法

    ほか21項目

  • 基礎看護学

    感染コントロール、導尿と浣腸、心肺(脳)蘇生法

    ほか36項目

  • 成人看護学

    生活習慣病、虚血性心疾患、糖尿病

    ほか59項目

Teacher講師紹介

  • 医師 李 権二

    医師李 権二

    り けんじ

    岐阜大学を卒業後、小児科医として亀田総合病院に勤務。2003年より東京大学医科学研究所先端医療研究センターにてHIV/エイズ研究に従事。2004年国際協力機構(JICA)によるインドネシアとの緊急災害医療セミナーに参加。スマトラ沖地震・インド洋津波の被災地へ国際緊急援助隊医療チームとして派遣された。

    テコムでは、長年にわたり国家試験対策に携わっているため、どこに力を入れて勉強すれば良いかがわかるわかりやすい講義で評判。医師国試の模試では新作問題の作成や、幅広い分野の校閲を担当。データ分析を通じ、間違いやすい分野を熟知。

  • 看護師 佐々木 順承

    看護師佐々木 順承

    ささき じゅんしょう

    再試験を繰り返した看護技術、一夜漬けの丸暗記で乗り越えた解剖生理や疾患のテスト、個別性を理解しないまま看護過程を書き続けた結果、留年した経験があります。

    私の場合、看護師になってから看護が楽しくなりました。看護を楽しむためには解剖生理や疾患の勉強が大切で、それに気付いてからは基礎教育の段階から看護や勉強を楽しんでもらいたいと講師業にも従事しています。

    楽しく看護をしている看護師が、国試の知識のみならず、普段の授業や実習、その先の臨床で必要なことを踏まえてお伝えしていきます。